ヒトとペットが「らしく生きる」

獣医保健ソーシャルワーク協会は、ヒトとペットが「らしく生きる」をモットーに「人」「つながり」「助け合い」をつなげる協会です。ペットとの暮らしがある家庭、コミュニティ、地域のなかで、より良く暮らすための取り組みをしていきたいと考えています。

獣医保健ソーシャルワーカー®とは?

獣医保健ソーシャルワーカー®は獣医師です。獣医師としての知識と経験のもと、"命“と"暮らし“2つのLIFEに適切な情報を提供し、健やかな暮らしを支えるソーシャルワークを行います。

活動趣旨

ペットが生涯幸せであるようにそれぞれにふさわしい情報を提供し、ペットを守れるひと・つながり・助け合いを作ることを目指します。

提供できること

私たちは人と動物の福祉を第一に考え、人とペットの暮らしの中の問題点を整理し、必要な情報を提供します。
QOL向上を目指すカウンセリングサポートや、ペットの生活に関わる人の繋がり、ペットが暮らす街づくりのお手伝いをしています。

獣医保健ソーシャルワーク協会が目指す姿

獣医保健ソーシャルワーク協会は、家庭と地域のペット共生支援団体です。

 

カウンセリング

困っているけどどこに相談すればよいかわからないことはありませんか?巷にあふれる情報から適切な情報にたどり着くためには、問題点を整理する必要があります。カウンセリングを行い問題解決に適切な情報を提供し、問題解決のお手伝いをします。

結いまーる活動

「ゆいまーる」は絆を意味する沖縄の言葉。私たちはペットでつながる助け合いの関係を「結いまーる」として助け合いの関係を作る活動をしています。助け合いが一番必要とされる災害時の対策を考えることを軸に、地域の仲間づくりを支援しています。

地域社会資源発掘

結いまーる活動に関連して、地域の人や専門家、お店や施設などの場所を連携させ、ペットと暮らしやすいまちづくりの支援活動をしています。

専門職ネットワーク

動物の専門職のネットワークを構築し、ペットのチームケア体制の構築を目指します。プロフェッショナルグリーフでは、専門職のセーフティネット構築を目指しています。

NEWS

2020/1/15:ウェブサイトをオープンしました。

会員について

人とペット、地域がよりよく暮らせる社会へ。
一緒に活動していただける方や、活動をサポートしていただける方を募集しています。

支援開発会員

共に活動運営に関わる方(年会費免除)。

ソーシャルワーカー会員(SW)

獣医保健ソーシャルワーカー®として活動する獣医師。

スペシャリスト会員(SP)

動物に関する専門職(協会審査の上認めたもの)

その他

協会活動趣旨にご賛同いただける方は、賛助会員または一般会員としてご入会いただけます。当協会の提供するイベント情報等を、優先的に受け取ることができます。

賛助会員

年会費:一口¥10,000

一般会員

年会費¥5,000

会員になるには

当協会では、当協会の理念、活動趣旨にご賛同いただける個人・法人の皆様に賛助会員としてのご入会をお願いしております。

詳しくは下記フォームよりお申し込みください。

協会メンバーのご紹介

松本 晃子

獣医師・獣医保健ソーシャルワーカー®幹事代表/
ペットホームケアえるそる」訪問獣医師

先崎 直子

獣医師・獣医保健ソーシャルワーカー®幹事副代表/「Naoko Senzaki's room」運営

古山 範子

獣医師・獣医保健ソーシャルワーカー®幹事/
犬猫養生Harmony」運営

林 美彩

獣医師・獣医保健ソーシャルワーカー®幹事/
chicoどうぶつ診療所」獣医師

佐藤 奈穂子

事務局/
ルナ・クリエーティブ合同会社 代表・webクリエーター・(一社)日本アニマルウェルネス協会認定 アドバンス・ホリスティックケア・カウンセラー

お問い合わせ

入会のお申し込みや、地域での活動についてなど、お気軽にお問合せください。

追って担当者よりご連絡を差し上げます。